あなたのビジネスが成功するヒントが得られるジェレミーのデイリー・ブログを毎日お届けします。登録はこちら

 

警告:フレンチホルンにサイレンサーをつける前にお読みください。

[English below]

 

今日のBODYCHANCEのクラスでは、「ヤマハのSB3XC サイレントブラスをつけてフレンチホルンを演奏するときにどうしたら良いですか」と、ゆきさんからアドバイスを求められました。

この器具をつけている時、彼女の呼吸が変化し、上腕と首の周りに余計な緊張が高まっているのが見えます。

「マフラーを使うときに、緊張しますか?」「それとも他の時も同じですか?」わたしはたずねました。

「マフラーをつけた時だけです」彼女は答えました。

「マフラーをつけて音を出す方がずっと大変じゃないですか?」(ゆきさんはうなずきました。)「そのことについて考えていますか?」

彼女は私を見ました。だんだん分かってきたようでした。「演奏してください」と彼女に言いました。

彼女が演奏するのを見ていると、だんだん彼女が何をしているのかがわかってきました。彼女は、マフラーをつけていることを自覚していたものの、自分の求めている本来の音を出そうと頑張っていました。本来の音を出そうとするので苦しくなるのです!

もっと息を入れなければなりません。従って彼女は努力を加えていたのです。「あなたの求めているような音にはけしてなりません。」私は指摘しましたー「マフラーをつけているのですからね!」

しかしそれはシンプルな洞察でした。彼女の問題は、次の疑問だったのです:

音にマフラーが付いているときにどうやって練習できるでしょう?

わたしたちは実験することにしました。「自分が聞きたいと思っている音で演奏しているところを想像してください。そしてそれを想像の中で聞いてみてください!と指示を出しました。

フレンチホルンの本物の音を聞くのではなく、マフラーをつけた時は、頭の中でイメージできる音を演奏することが大切でした。立ち止まって考えてみると、すべての演奏はそこから始まっています。

ゆきさんは想像上の音を聞くことにしました。自分の求めている音楽でした。

想像上の音楽を聴くということは変だと思われるかもしれません。しかしそれはアレクサンダーの発見の決定的なところなのです。BODYCHANCEでは姿勢の動きがデザイン通りに動くことをイメージします。

あなたがすでに身体デザインを理解しているということなのですーほとんどの人がそんな風に思っていません!だからこそBODYCHANCEで勉強する必要があるのですー軸の動きがあなたの演奏をどのようにサポートするかをはっきりとイメージで理解するためなのです。

想像力を使うことです。

ゆきさんにはそれを求めました。フレンチホルンから聞こえてくる音を想像すること。弱音を無視し、想像上の音楽にフォーカスすること。

魔法のようなことが起こりました。音は弱音で、それほど大きくはありません。ですが質の違いは驚くべきものでした。出てきた音は、パフォーマンスのクウォリティの音であり、リハーサルの音ではありませんでした。彼女の芸術的な意図がマフラーを通して響いたのです!

BODYCHANCEでのレッスンはこんな風に展開しますー毎回違っています。

BODYCHANCEのウィークリーイントロに楽器を持ってきてください。アレクサンダーの発見によって音が良くなること、演奏が良くなること、気分も良くなることを体験しに来てください。

https://www.alexandertechnique.co.jp/basic-course/

にこやかに

Jeremy
本当の自助論 !
Helping You to Help Your Self !

 

*** ENGLISH ***

 

WARNING: Read This Before You Put A Sound Silencer on Your French Horn

 

Today in BodyChance class, Yuki asked me for advice when playing with her Yamaha SB3XC Silent Brass System for the French Horn.

When using the device, she was finding her breathing changed and noticed extra tension building up around her upper arms and neck.

“Does it only happen when you use the muffler?” I asked, “Or at other times too?”

“Only with the muffler on,” she replied.

I commented: “Isn’t it much harder to make sound with the muffler on?” (Yuki nodded.) “Are you taking that into consideration?”

She looked at me, her eyes beginning to open. I asked her to play.

As she played, it became clear. Although she consciously knew that she had the muffler on, she was still trying to make the original sound that she wanted to hear. Except now it was much harder to make that original sound!

She needed more air. Therefore she made more effort. “It’s never going to sound the way you want” – I pointed out – “because you have a muffler on!”

However, that was a simple insight. What troubled her next was this question:

How can you practise when there’s a muffler on your sound?

We experimented. I asked her to play by imagining she was playing the sound she wanted to hear. And then listen to it in her imagination!

Instead of listening for the real sound of the French Horn – when she had the muffler on, she had to play back the music she wanted from her imagination. When you think about it – all your playing originates from there.

She decided to listen to the imagined sound in her head. The music that she wanted to make.

Listening to imagined music may seem an odd thing to do – yet this is the crucial aspect of Alexander’s discovery. At BodyChance you learn to visualise your postural movements working in the way they are designed to work.

Of course, that means you already understand the design – which most people don’t! That’s why you come to BodyChance – to build a clear, imaginary understanding of how your postural movement supports your playing.

It’s using imagination.

I asked Yuki to do this. To imagine the sound she wanted to hear from her French Horn. Ignore the muffled sound – focus on the imagined music.

It was like magic. Although the sound was muffled – and not very loud – the difference in quality was astounding. It was a performance quality sound, not a rehearsal sound. Somehow, her artistic intention still shined through the muffler!

Lessons at BodyChance go like this – different every time.

Bring your instrument along to one of our weekly introductions, and find out how Alexander’s discovery can help you to sound better, play better and feel better.

https://www.alexandertechnique.co.jp/basic-course/

cheerfully

Jeremy
本当の自助論 !
Helping You to Help Your Self !