あなたのビジネスが成功するヒントが得られるジェレミーのデイリー・ブログを毎日お届けします。登録はこちら

 

鼻から呼吸するーそれがなければ鼻は必要がないはずです

[English below]

 

なぜ鼻から呼吸するのか不思議に思ったことがありませんか?

蝶は脚を使って呼吸します。蛇は舌を使います。私たちはほとんどの場合、匂いを嗅ぐために鼻を使います。匂いの分子を捉えるために空気は体の中を通って行きますーなぜ肺に入っていくでしょう?穴から穴へ抜けていかないのはなぜでしょう?

わかりません。

空気が入り、私たちは息をしているということは事実です。

真夜中に口が乾いて目がさめる人はみな、鼻から息をしていません。真夜中に水を飲みます。

鼻から呼吸をしたら何が起こるでしょうか:

– 豚農場のそばを過ぎる時に鼻呼吸していることがわかるでしょう(それが助けになることもあるでしょう)
– 喉の後ろがひやりとする瞬間が減るでしょう(空気が少し暖かくなります)
– 他の人のことがもっと理解できるようになります

この3つポイントのうち、最後のものはそれほど直感的ではありません。説明していきます・・・

何年も前、私の師、マージョリー・バーストゥ (1899~1995) は鼻から息をするようにと人に指示しました。鼻から息をすると、呼吸している間に頭/脊椎の関係性に対してどのように対応しているかに対して気づきやすくなるようでした。

(これについてはつい最近、執筆したところです– How To Be Aware of Breathing Without Making A Mess of It | 呼吸を邪魔することなく呼吸に気づく方法。どうかお読みください。)

私はとにかく試してみることにしました。家族や友達の集まるところに出かけていくか、クラスで教える時、鼻から呼吸する決意をしました。

鼻から息をするともっと時間がかかります。最初に理解してもらいたいことです。

ですが、素早く呼吸すべきであると言った人に会ったことがありますか?

話しているときに急がなければならないと言ったのは誰ですか?

それはわかりませんーですが私は早口で話すのが好きであることがわかりました。そして早く呼吸するのも好きです。口を閉じて鼻から息を入れるのは好きではありません。なぜでしょう?

人が私の話の腰を折るからです。私は言いたいことを言い終えることができませんでした。

嫌になりました。息を入れるために立ち止まっているだけなのに、誰かが自分のアイデアを言い始めます。自分の考えを言い終えることができませんでした。

そのため、私はもっと人の話を聞くようになりました。

そのおかげで周囲の人に対する情報をもっと収集することができました。

そのため他の人をもっと知ることができました。特にオーストラリアにいると、人は他人の話の腰を折ってばかりいます。

以前執筆した通り、あなたはどんな風に呼吸しても良いのです。鼻から呼吸することについては何も「正しい」ことはありません。あなたはそれを呼吸のために使うことができます。鼻から呼吸することは素晴らしいことであるということを説明するために人生をかけている科学者がいるに違いありません。その科学者が誰であるかを知りません。

とにかくやってみてください。

あなたはほとんど成功しません。

それはあなたが思っているよりもずっとずっと大変なことなのです。

呼吸について理解しようとするのを諦めた時、ぜひボディチャンスにお越しください。そして先生たちから呼吸の仕方を教えてもらってください。

詳細はこちら:

https://bodychancejp.mykajabi.com/1907-posturevoicebreathcourse-2

にこやかに

Jeremy
本当の自助論 !
Helping You to Help Your Self

 

*** ENGLISH ***

 

Breathing Through Your Nose – Otherwise, Why Have One?

 

Haven’t you ever wondering why you can breathe through your nose?

I mean, Butterflies use their feet. Snakes prefer to use their tongue. We use our nose mostly to smell of course. And the air has to pass through for us to catch those smelly molecules – but why into our lungs? Why not let it just pass out a hole on the other side?

Don’t know. Sorry.

The fact is, the air does go in, and we can breathe with it.

All those people who wake up with dry mouths in the middle of the night – they are not breathing through their nose. Reach for the water.

Here’s a case for breathing through the nose:

– you’re going to know when you pass that pig farm (if it helps)
– less chance of getting a chill at the back of the throat (warms the air a little)
– you’ll learn more about other people.

Now of those three, the last one isn’t so intuitive. I better explain…

Years ago, my teacher Marjorie Barstow (1899~1995) used to encourage us to breathe through the nose – as a way of gaining a better awareness of how we were using our head/spinal relationship while breathing.

(I wrote about this recently – How To Be Aware of Breathing Without Making A Mess of It | 呼吸を邪魔することなく呼吸に気づく方法. Check it out.)

Anyway, I tried it. I would go to gatherings of families and friends, or teach my classes, and decide to take a breath through the nose.

It takes longer, that’s the first thing to understand.

But who said you have to breathe in quickly?

Who said you must hurry when you speak?

I am not sure – however, I discovered that I love to talk fast. And I love to breathe fast. I didn’t want to close my lips and let the air come in through my nose. Why?

People kept interrupting me. I never got to finish what I wanted to say.

It was maddening. Because when I paused to breathe in, someone would quickly jump in with their ideas. I would never get to finish mine.

Which resulted in me listening more.

When resulted in me gathering more information about people.

When meant – as I noted about – that I learnt more about other people. Especially how often – in Australia at least – people interrupt each other.

As I wrote previously – you can breathe any way you want. There is nothing “right” about breathing through the nose, and you do have one. And you can use it for breathing. And I am sure there is a scientist somewhere who is dedicating his life to explain why it’s an excellent thing to breathe through your nose. I just don’t know who that scientist is.

Anyway, try.

You mostly won’t succeed.

It’s way, way harder than you think.

And when you give up trying to figure it out, come along to BodyChance and let one of our many, many teachers help you explore the way you breathe.

Read more about it here:

https://bodychancejp.mykajabi.com/1907-posturevoicebreathcourse-2

にこやかに

Jeremy
本当の自助論 !
Helping You to Help Your Self