jc
Jeremy Chance ジェレミー・チャンス

BodyChance 代表

1972年からアレクサンダー・テクニークにかかわりはじめ、1979年から教えてきました。
1986年からはアレクサンダー・テクニークに関する国際誌『ディレクション』(www.directionjournal.com)の編集もつとめてきました。

『ひとりでできるアレクサンダーテクニーク』の著者でもあります。 オーストラリア・アレクサンダー・テクニーク協会(AUSTAT)を創設するために尽力しました。
オーストラリアでは、シドニーのNIDA、俳優センター、俳優大学、ミュージッック・コンサーバトリアムで教え、メルボルンのビクトリア大学の芸術学部で教えてきました。
オーストラリアの教師養成学校でも1980年から3つの学校で教えてきました。

また、ヨーロッパやアメリカにも足をのばして教えにいきました。 パフォーマンスへの関心以外に、ジェレミーは身体の動きと感情との関係を調べてきました。

この分野での彼の仕事は、わたしたちの協調作用のパターンに含まれているのはわたしたち自身について意識的に認識されていない貴重な情報があることを探究しています。
俳優たちにとって、それはキャラクターの協調作用に対する洞察を提示します。

彼は現在、子供たちがいるゴールド・コーストと、現在住んでいる東京の間を行き来しています。

個人的にジェレミーにコンタクトしたいひとは jeremy@bodychance.jp まで。