Blog

ヨガ、頭、馬―あなたの未来のための体軸の動き

[English below]   この数年間で、わたしは何百人ものヨガのインストラクターやプラクティショナーに教えてきました。彼らにはいつも同じことをたずねています: 「アサーナをするとき、頭についてどれほど考えますか?」 答えは大抵同じです: 「そんなに考えません」 (そんなことがあったとしてもごく限られた場合のみなのでしょう) 頭ついては、あんまり考えないのではないでしょうか? よく考えてみたらそれはすごいことなのです。頭は、その重さといい、位置といい、感覚がそこに集中しているということといい、その他の体の部位よりも体の動き方に対して大きな影響を与えるからです。 なのに、なぜそ […]

姿勢の危機が起こる前にー予兆は何か?

[English below]   「死とはピクニックの最中に遠方で起こる雷鳴だ」 W. H. オーデン. *** 心臓発作は実際に起こるまでけして予想できません。 警告は、大きな出来事が起こるだいぶ前から来ているはずです。 警告とは遠方で聞こえる音、苛立ち、小さな事故という形で表れます。注意を向けたらピクニックを片付け、全てを整え、嵐に備えましょう。 体の姿勢の観点からこの話をすると、警告とは、首や腕の痛み、背中の痛み、呼吸が短くなる、疲れ、眼精疲労、頭痛などです。警告には様々なものがあります。 こうしたものは自然なものではありません。 ストレスの多い世の中で生きるためには我慢する […]

姿勢&遊びー息が切れる

[English]   BODYCHANCEには様々な趣味や職業の人たちがいますが、最も一般的なのが音楽家です。プロとして演奏活動を続けておられる方が、呼吸について不安に思っているという悩みを打ち明けました。 「必要な空気が体に入ってこないのです」彼は嘆きました。 若者の時は楽々演奏できたパッセージが、今では演奏しきる前に息を切らしてしまうということでした。 私はコメントしました:「あなたはそんなに年をとってませんよ!(まだ40代じゃないですか)」 歳をとるにつれて確かに息が続かなくなってくるのは本当ですが、息を吸う力が急激に減ったことは年齢とは関係がありません。彼が何をしているのか […]

警告:フレンチホルンにサイレンサーをつける前にお読みください。

[English below]   今日のBODYCHANCEのクラスでは、「ヤマハのSB3XC サイレントブラスをつけてフレンチホルンを演奏するときにどうしたら良いですか」と、ゆきさんからアドバイスを求められました。 この器具をつけている時、彼女の呼吸が変化し、上腕と首の周りに余計な緊張が高まっているのが見えます。 「マフラーを使うときに、緊張しますか?」「それとも他の時も同じですか?」わたしはたずねました。 「マフラーをつけた時だけです」彼女は答えました。 「マフラーをつけて音を出す方がずっと大変じゃないですか?」(ゆきさんはうなずきました。)「そのことについて考えていますか?」 […]

あなたの犬が話せたら、BODYCHANCEでもっとレッスンを受けたいと言うでしょう

[English below]   わたしは、犬にも教えてきました。 「教えてきた」という言葉が正しいかどうかはわかりません。 多分、「助けた」と言った方が良いかもしれませんね。犬は私のしていたことがわかったかどうか定かではないからです。 犬に話せたら、もっとレッスンしてくださいと頼んでくるでしょう。 犬に教えるという経験は、ある晩にオーストラリアのアレクサンダー関係者のお友達と過ごしたことから始まりました。1980年代の頃でした。シドニーで初の教師養成コースを発足しようとしていました。 その晩、私は当時のトレーニング生であったアレックスと彼のガールフレンドのパトリシアと犬と一緒にい […]

熱狂は何を成し遂げるにおいても最も簡単な方策である

[English below]   「熱狂は何を成し遂げるにおいても、最も簡単な方策です。あなたはすでに決断しています。そのための時間もしっかり作られています。集中力も抜群です」 ヘビー級ボクシングチャンピオン&物理学者 エド・ラチモール *** 成功したミュージシャンやスポーツ選手は究極の熱狂者です。 彼らは毎日、たくさんの時間を自分の目的を達成するために使うことを厭いません。水泳選手は夜明け前、仕事が始まる3時間も前に起きます。ミュージシャンの場合は、子供の頃からプロフェッショナルなマーケット場に必要なスキルを開発するために毎日、そして週ごとに何時間も練習します。 すでに成功して […]

あなたは猫に吠えることを教えられますか?

[English below]   人は猫に吠え方を教えようとして一生を無駄にすることもあり得ます。 そんなことでは上手くいきませんーどうしてそんなことをするのでしょう? 自分ではそんなことをしているつもりではないからです。 自分がそんなことをしていると気づいたら、それを即座にやめましょう。もちろん猫を吠えさせようとしてあなたが頑張っている訳ではありません。自分ではないものになろうとして頑張ってしまうことについてのたとえ話です。 話はこんなところから始まります:「まっすぐに座るべきだ」 過去に一体何度そんな風にしようとしましたか?未来に何度そういうことをしようとし続けますか?これでは […]

わたしの母のお話

[English below]   80年代のはじめ頃、わたしの母は転倒したために足の踵骨にヒビが入りました。滅多にない傷の追い方だったようです。ロンドンのセント・メアリ病院ではみんなが興奮しました。こういうヒビの入り方をしたレントゲン写真をこれまで見たことがなかったからです。 「学生に教えるためにあなたのレントゲン写真を保管させていただいてもよろしいですか?」と病院に依頼され、母は喜んで承諾しましたーセント・メアリ病院に行けば、今もそのレントゲン写真が残っているはずです・・・ しかしオーストラリアに帰国すると、母の状態が悪化し始めました。 歩行に困難がでて、足が膨らんでいきました。 […]

脳が最初に動くー残りのものはそれについていく

[English below]   「あなたは頭を最初に動かします。そこに脳が入っているからです」 1986年、わたしはオーストラリア・シドニーで、マージョリー・バーストゥとともに夏の午後を過ごしました。わたしはマージのクラスを参観していました。彼女の口からしばしば嬉しくなるようなアフォリズムが出てきました・・・ わたしは思いました:マージは本当にそんなことを言ったのだろうか?! 頭を最初に動かすのは、脳がそこにあるからだろう??? わたしはすぐにそれについて書き留めました。それ以来それについて思いを巡らせています。 あの時から30年以上たった今、マージが軽く言ったように思えたことの […]

首&肩凝りは心のあらわれ

[English below]   首と腕の痛みに苦しむ人は精神的に悩んでいます。 ちょっとこの実験を試してみてくださいーあなたの腕の付け根を指差してみてください。 どこを指差しましたか?肩のヘリのところですか?ほとんどの方がそうします。 実はあなたの指差す必要のあるところは首の付け根なのです! 鎖骨は腕の一部ですー肋骨の胸骨の部分につながっています。これが腕の付け根です。 わたしが初めて出会う多くの生徒さんたちは、腕の二つの部分:例)「腕」+「肩」について考えます。これは理にかなったことですー人を視覚的に見ていると、肩関節のところから腕が始まっているのが見えるでしょう。 だからこそ […]