あなたのビジネスが成功するヒントが得られるジェレミーのデイリー・ブログを毎日お届けします。登録はこちら

 

BodyChanceでキャシーから「気をつけ!」の仕方を学ぶ

[English below]

 

昨日、私はキャシー・マデン先生の生徒として1日を過ごしました。

キャシーはアメリカ出身のアレクサンダーの発見の先生です。彼女はヨーロッパ、オーストラリア、北米、イギリスで教えています。彼女は現在日本にいて、BodyChance でワーク中です。そこで私はこの機会を利用し、新しい発見のためにキャシーのクラスに参加しました。

「日本に来るたびに、私は気をつけの仕方についての理解を深めているようです」

今日は、ヨガのトレーニング生の一人が肩こりについての質問をしていましたー眼が覚めると、肩が凝っていると感じるそうです。

何が起こっているのかを見てみると、彼女はヨガマットの上で腕を両脇に広げて寝転びました。これが眠るポジションだそうです。

キャシーは、なぜ彼女の上腕(両肩)が床の上にフラットにくっついているのかを不思議に思ったようです。キャシーは、彼女に「両手をお腹の上においてください」とたずねました。すると肩が床から持ち上がりました。

「これが自然な状態です」キャシーは注釈しました。それから腕を体の横に完全に伸ばすようにガイドしましたーしかし今回、キャシーは彼女が肩を下に押し付けようとするのに干渉しました。

トレーニング生はびっくりしました・・・

「えー!」彼女は叫びました。「肩が下にさがるのは重力のせいだと思っていました」

「いいえ」キャシーは言いました「あなたは腕を下に押しています。だから肩が凝っているのです」

「気をつけ!」という言葉に反応すると、腕、首、脊椎が非常に乱暴な使われてしまいます。デリケートで洗練された動きのシステムを乱暴に扱っています。姿勢を健全なものにしていくには不適切です。

しかし何百万人もの日本人が自分の身体を乱暴に扱っています。BodyChanceではあなたの姿勢が健全な状態になるように管理するオルタナティブな方法を提供しています。

キャシーは数週間日本にいますが、BodyChance はずっと日本にあり続けます。

プロトライアルのキャンペーンの一環として、キャシーのクラスに参加し、スクールについて私たちにご相談ください。スクールに訪問する人たちは、先生になることを目標としているというよりも、自分の「動きのシステム」という非常に価値あるものをうまく使いこなせるようになりたいと思っています。痛みを感じているなら、あなたの開発したいスキルを開発しましょう。あるいは人間のポテンシャルを開発することに関心を持ってくださいースタジオで実際にどんなレッスンが行われているのかをぜひ見に来てください・・・

https://bodychancejp.mykajabi.com/2019-s2-pro-trial

にこやかに

Jeremy
本当の自助論 !
Helping You to Help Your Self

 

*** ENGLISH ***

 

Learning About “Kiotsuke!” from Cathy at BodyChance

 

Yesterday I spent the day as a student with Cathy Madden.

Cathy is an American teacher of Alexander’s discovery – and teaches teachers in Europe, Australia, all over North America and England. She is now here in Japan working for BodyChance, so I decided to spend the day discovering new things with her.

“Every year I come to Japan, I learn something new about Kiotsuke.”

On this occasion, one of our Yoga trainees was consulting Cathy about her sore neck – when she wakes up, often her neck is sore.

To look at what is happening, she lay down face-up on a Yoga mat, with her arms outstretched, showing her sleeping position.

Cathy looked, wondered out loud why her upper arms (shoulders) were so flat on the floor. Cathy asked her to put her hands on her tummy, and her shoulder lifted away from the floor.

“That’s it’s natural home,” Cathy remarked. She then guided her arm back to being fully extended along the side of her body – but this time, Cathy used her hands to get in the way of that shoulder pressing down.

The trainee was amazed…

“eeeeeee!” she screamed. “I thought it was gravity that made it go down.”

“No,” said Cathy, “You were pressing your arm down. That’s why your neck was hurting.”

“Kiotsuke!” is probably one of the most harmful ways you can treat your arms, neck and spine. It is a physical act of aggression against a delicate and sophisticated movement system. It is unnecessary and irrelevant to improving your postural well-being.

And yet, millions upon millions of Japanese do it to themselves every day. At BodyChance, our wish is to offer you an alternative way to manage your postural well-being.

Cathy is here a few more weeks, BodyChance is here permanently.

As part of our Pro Trial campaign, you can join Cathy’s class and talk with us about the school. People come not to be teachers, but to learn about how to look after the most valuable thing you have – your movement system. If you are in pain, have a skill you want to develop or simply feel interested in developing your human potential – consider visiting our school to see these kinds of lessons live…

https://bodychancejp.mykajabi.com/2019-s2-pro-trial

cheerfully

Jeremy
本当の自助論 !
Helping You to Help Your Self